クリスマスファッション 再再販 アングリッド Ungrid リングマルチケース BRN ショルダーバッグ

アングリッド Ungrid リングマルチケース ショルダーバッグ (BRN)

再再販! アングリッド Ungrid リングマルチケース BRN ショルダーバッグ 再再販! アングリッド Ungrid リングマルチケース BRN ショルダーバッグ 3465円 アングリッド Ungrid リングマルチケース ショルダーバッグ (BRN) レディースファッション レディースバッグ ショルダーバッグ 3465円 アングリッド Ungrid リングマルチケース ショルダーバッグ (BRN) レディースファッション レディースバッグ ショルダーバッグ tomoaki-kimura.com,アングリッド,/demiseason1134830.html,リングマルチケース,3465円,(BRN),Ungrid,ショルダーバッグ,レディースファッション , レディースバッグ , ショルダーバッグ tomoaki-kimura.com,アングリッド,/demiseason1134830.html,リングマルチケース,3465円,(BRN),Ungrid,ショルダーバッグ,レディースファッション , レディースバッグ , ショルダーバッグ

3465円

アングリッド Ungrid リングマルチケース ショルダーバッグ (BRN)























商品説明

【これ1つでお出かけOK!持っておきたい3連バッグ】

モバイルケース、パスケース、丸ポーチ、がリングにセットになったお洒落で機能抜群のショルダーバッグ。

最低限の荷物を入れ、サッとお出掛けが出来るとっても便利なアイテム。
それぞれ取り外し可能で、単品での使用やお手持ちのバッグに付ける等、好みに合わせてカスタマイズ可能★
身軽でお出かけしたい時、いつものコーディネートにアクセサリー感覚で取り入れることができ、
ベーシックなカラー展開でコーディネートしやすく、タウンユースからワンマイルのお出掛けにも馴じみの良いデザイン!

●モバイルケース
お使いのスマホはもちろん、リップやハンカチ等の小物を入れて頂けます。
H19×W12×D2cm

●カードケース
カード、お札、小銭が収納ができ、パスケースとしてはもちろんキャッシュレスの方にも◎
キーチェーンも付属なのでキーケースとしても使用可能です。
H8.5×W13×D0.5cm

●丸型ミニポーチ
クロコ型押し風雨のころんと可愛い丸型のミニポーチにはイヤホンや小銭入れ等、細かいものを収納可能です。
H9.5×W9×D2.3cm

<Ungrid>
BRAND CONCEPT
Live “un grid”「枠に囚われず生きよう。」
着心地のよい服は心を豊かに、
個性あるデザインは日常に刺激を。
それらはあなたの毎日に幸せと自信をもたらすでしょう。
自分らしい私 と 理想の私。
Ungridはたくさんの女性達が「なりたい私へなる」
お手伝いができればと願っています。
今日もあなたが想い描いた自分を心から楽しめますように。


商品詳細

商品番号 U02348AW18281
ブランド商品番号
※店舗お問い合わせ用
UNG-52570B 51
ブランド名 Ungrid(アングリッド)
BRN(51)
サイズ(cm) H19×W12×D2cm
重さ 300.0g
表素材 合成皮革
原産国 中国

アングリッド Ungrid リングマルチケース ショルダーバッグ (BRN)

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.