Blog / 木村智明のブログ
2018年6月 7日

この半年間。ブログ再開

IMG_5223.jpg

日々「起こる」というほどではない出来事を、ブログのために言葉に表現してみようとすると、その瞬間から大げさでちっぽけな雰囲気を醸し出しているような気がしていた。せっかく感動したこととか素直に感じたことが文章という形で「こび」をうりはじめたり、そんなくらいならブログをお休みしようと思った。きちんと誠意を持って向き合えるまで。

その間、普段の生活をなるべく丁寧に過ごそうとし、それでも根本的にものすごく怠け者の自分の性格とも見つめ合ってみていた。ほっておくと怠けるので当然ドンドンペースは落ちていく方向に向かいがちなのも痛感した。

それでも一つ一つの、ものすごく小さな事を「この自分のとろうとしている行動には愛があるかないか」と感じてみて、少々面倒だと思ったことでも愛があるであろう行動を選んで実現してみる。 例えばチャーリーの顔が見た目には分からないほどほんのわずか汚れてるかも、と気付いたなら見て見ぬ振りをするのではなく「可愛い顔がもっと可愛くなっちゃうね」などと話しかけながら拭いて綺麗にする。それを怠ったりするとチャーリーは可愛がられていない生き物特有の雰囲気を醸し出しはじめてしまうのだから。

他には食事のテーブルをセッティングする時なども、機械的にただお皿やグラスを置くか、それとも少々でも真心を込めてセッティングするか。とか。

あとこういうのはちょっと行き過ぎかなとも思うし、こそこそとしてみている事なので続けていこうか迷っているのだけれど、運転した後の車に「今日も沢山ハシってくれてありがとう」なんて言ってみる。

ただ音楽面でもその効果が現れはじめているのが分かる。

誠意のパーセンテージが上昇しつつある。自分の音楽に誠意がなくなってしまった時にはピアノをいつでもやめようと思っているので、続けられそうで嬉しいし、そして長い道のりは続いてしまうのだなとも覚悟をしはじめた。

そんなこんなで半年間くらいは経ってしまい() あらあら、とグズグズし、最近やっと暖かさも訪れ、そういう諸々のこと、丁寧にしたり怠けたり、一生懸命になったり落ち込んだりすることにもリズムが出てきて、そろそろブログも再開したいのにどうしましょう。。。と思っていたところさすがこのページの創造主であるJさんが、助け舟を出してくださった。ありがとうございます。絶妙のタイミング!

ちょっとづつでもブログを正直に、素直に続けて行きたい。

そして冬くらいからは音源もアップできるようになるといいのだけど、何しろブログをアップするだけでもやっとこのコンピューター音痴なので、音源などをアップするのはハードルめちゃ高。でもそもそもは文章ではなく、音楽を届けられるようになるのが目的なんだ、ということを忘れないように心がけなくてはと思っている。