ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス お買得 ANKLE その他のブランド SOC 今年も話題の

ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ANKLE SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス) その他のブランド

990円 ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ANKLE SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス) その他のブランド ランニング ランニングアクセサリー その他のブランド,/blamer249680.html,ARCH,SUPPORT,990円,ランニング,C3FIT,ランニング , ランニングアクセサリー,ANKLE,SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス),tomoaki-kimura.com,PAPER,FIBER ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス お買得 ANKLE その他のブランド SOC その他のブランド,/blamer249680.html,ARCH,SUPPORT,990円,ランニング,C3FIT,ランニング , ランニングアクセサリー,ANKLE,SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス),tomoaki-kimura.com,PAPER,FIBER 990円 ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ANKLE SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス) その他のブランド ランニング ランニングアクセサリー ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス お買得 ANKLE その他のブランド SOC

990円

ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ANKLE SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス) その他のブランド

単位:cm

※ ( )内の数字がある場合は、ヌード対応サイズ[身体サイズ]を表しています。

[型番:65593634]
S(シューズサイズ目安2224cn)
M(シューズサイズ目安2426cm)
L(シューズサイズ目安2628cm)
紙の糸を使用して作った、ドライ感が特徴のソックス。足裏アーチのサポート機能にも優れています。独特のザラつき感がある紙糸繊維は、吸湿性が高く肌離れもよいため、不快なベタつきやムレを軽減してドライ感が持続。一般の方へのモニターアンケートにおいても、187名中182名が「ドライに感じる」、雨天での着用時では80名中77名が「ドライに感じる」と回答しています(※)。また、通常のスポーツソックスに比べ5倍以上(当社比較)の強度を持ち、穴が開きにくい特性も備えています。さらに、足裏にはアーチサポート構造を採用し、横のアーチをサポート。アーチを支えて崩れを抑えることで、着地時に脚にかかる衝撃を吸収するだけでなく、足裏アーチがバネの役割を果たして推進力をもたらします。履き口は肌あたりの優しいナイロン糸に切り替え。くるぶしが出る短めの丈に仕上げています。※該当製品のモニター調査を実施した結果
【GC29331 N】

■カラー
N
■サイズ
S,M,L,XL
■素材
ナイロン分類外繊維(紙)その他
■原産国
日本

ランニング PAPER FIBER C3FIT ARCH SUPPORT ANKLE SOC(ペーパーファイバーアーチサポートアンクルソックス) その他のブランド

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.